ロシア、経済界はサハリンの悪夢を忘れたのか

つい数年前に、サハリンでシェルのプロジェクトがあった。エネルギーの開発事業で、日本のエンジニアリング業界が協力して天然ガスプラントを建設して、シェルがロシア企業と合弁事業を運営している途中でロシアが環境問題でロシアの法律を犯していると言って強引に国有会社にしてしまった。これって、クリミア半島を乗っ取ったと同じ手法ではないか。同じような経済共同事業を今回安倍政権は幾つも運営するようである。過去にこんなことを繰り返したロシアを信用して経済だけにのめり込む安倍政権に会社を捧げる日本の経済界に注意するコメンテーターや学者がいないのが不思議である。

二度あることは三度ある。ロシア(旧ソ連)の領土侵攻

日本人は、太平洋戦争末期のソ連が日ソ平和条約を勝手に破って旧満州に攻めてきた。クリミア半島で、住民がソ連人が多くすんでいるという理由で、クリミア半島に攻め込んで不法占拠している。

今、安倍首相は北方領土を二島を返還して貰おうとしている。しかも、此処にはロシア国民が住んでいる。今後、この寒い辺境の島に日本人がどれ位移住するか判らない。もし、今後ずっとロシア人が日本人より多くすみ、国際情勢で日本とロシアが対峙した場合必ず、ロシア国民の保護の理由をつけてロシア軍が侵攻して来るであろう。

これが三度目のロシア軍の不法占拠で不法侵攻である。皆さんは如何お考えでしょうか。これが私のロシア感である。

団地の委員会終了

半年に渡る委員会が終了した。排水管関係の釣り金具をステンレスに交換する工事であった。これで35年ぶりに床下点検も完了して、今後35-40年は大地震が来ない限りメンテナンス不要となるでしょう。

夜の反省会件打ち上げの懇親会では、当面、今後の修繕工事も大きいものが終わったという意見が多かった。代わりに、高齢者が多くなると2階、3階へと昇るのが問題と指摘有り、低層団地と威張っていた我が団地もエレベータが必要な団地に建て替える運動でもやったらどうかとの意見も出てきた。

TPPについて

トランプがTPP交渉から離脱すると言ってから、右往左往していますね。私は民主党政権で野田首相が言い出した時から反対でした。自民党も反対でしたが、私は民主党政権は支持するがTPPに反対でした。

理由は、2国間交渉のFTAをすべきだと思っていたからです。FTAだと損得の計算はできますがTPPのように多国間協定では、貿易内容が複雑で内容が理解出来ない人々が多いからです。多分、トランプもこの部類でしょう。安倍政権が同意したTPPは実はアメリカに有利で日本に不利なことを政府が隠しているからです。農業と自動車だけが中心事項に考えていますが、食の安全と国の安全の議論が開示されていないからです。今日、私が得た情報では、アメリカ議会のロビー活動で使われている金額は、石油関連企業が使っている金額が100億円、防衛とミサイル企業が1500億円、製薬と医療企業が5300億円とあります。また、食の安全等の日本国内の基準がアメリカ企業の基準に不利な場合はアメリカ国内の法廷に提訴出来るのです。訴訟王国のアメリカの司法に日本企業が勝てると思いますか。FTAだと議論が見えて来るので国民が不利なら無理に締結せず現状維持を固守すれば良いのです。という訳で私は、トランプの勘違いでほっとしているところです。

トランプの政策に賛同する項目

思想や政策の殆どに共鳴しないが、下記は実現できれば大賛同である。

1)ロビー活動の制限。政府高官は退職後5年間、議員は無期限に制限とのこと。

2)議員の年限を制限。憲法にある職業の自由の改定が必要とのこと。

以上

トランプ大統領の経済政策

トランプ氏の言う"中間層以下の減税""雇用を取り戻す"が実現できれば、日本も見習うべきであり、私も注目している。私が尊敬している同志社大学の浜教授がサンデー毎日で"トランプの政策はインフレ政策で一時景気がよくなっても、結局トランプ恐慌になるか、中間層への裏切りになって、従来の富裕層が得をする共和党政治のどちらかになる"と書いていた。私も同意する所見であった。素人の私でも、関税を上げて輸入品を高くして、ということは輸出困難になってどうして減税分を補うのかと思う。

日本で逆のことを言って、円安を無理に進めて、見た目には景気が良いような錯覚にさせて、企業が貯金をした分、庶民の財産が減ったアベノミクスと同じことになるでしょう。

トランプ大統領とは驚いた

アメリカを取り戻すという考えには誰も反対しない。雇用を増やすということにも誰も反対しない。しかし、彼の言う経済政策をエコノミストに説明して欲しい。安い中国や日本製品を防いで国内雇用を増やしてアメリカ製品を増やすという。ということはアメリカ国民は高い製品を買うということにはならないでしょうか。または、ドル安にして輸出を増やすのでしょうか。私も今のTPPには反対である。私は、今のTPPはアメリカに有利であり、日本に不利と考えている。特にISD条項という訴訟大国アメリカに日本が勝つ筈がないと思うからである。

床下点検口について

私は、現在、団地の排水管の吊り金具交換の工事責任者を務めています。団地は、いろいろなタイプが揃った低層団地である。テラスハウスタイプが87戸ある。約35年前に建設したものである。従来、排水管は共有物として管理組合がメンテナンスに責任を負っていたが、今回、これを専有物として個人管理に移行することにした。

この移行に際して、高齢者、特にご主人が亡くなって独り身の組合員も増えてきた今日、今後、個人でメンテナンスを行うのが、困難なので、管理組合として、吊り金具が炭素鋼で腐食している家も出てきているので、ステンレスに交換して、資産を引き渡すことにした。排水管は塩ビ製なので、今後数十年は腐食することは考えられないので、住民も安心できると考えた。序に、専門家が、管の状態、基礎コンクリートの状態もチェックすることにした。

工事責任者として困ったのは、建設時の点検口(作業員が床下に入る45cm角の穴)が約40%の家で、リフォーム時に床板で塞がれていたり、点検口の上にビニールシートが張られて組合費からの床下工事ができないことであった。特に、建設後に、リフォームをした家を購入して工事の経緯を知らない家が多くなっていることであった。

皆さんの家でも、今後、床をリフォームするときは、床下メンテナンスのことも考えて工事を業者に指示することを忘れないようにした方が良い。黙っていると業者は、作業性、コスト面で、点検口を作らず、一枚板で床張りをすることが判った。

横浜、子安運河にて漁船を描く

このブログも長い間ご無沙汰していました。今後は、小さな事でも、心に思い浮かぶものを書いてみたい。友人のように上手な文書、ピリッとわさびが聞いたエッセイ―とはいかないが書き物を続けるという習性をつけるのは困難だが心がけたい。

さて、昨日、スケッチ会に参加した子安運河について書いてみたい。常盤橋から富士見橋まで歩いた感じは、ここは昔と言っても埋め立て工業団地ができるまでは、有望な漁港だったのであろう。私が住む浦安も昔は同じような漁港だったのであろう。しかし、ここは、浦安と違って、漁船から艀を通って民家につながっている家も多かった。ということは、まだ、東京湾で魚が捕れて生計が立っているのだろうかと思った。ただ、よく見ると、廃船が倉庫のようになっていて、ビニール管が沢山保管されたり、工業機械が積まれている廃船もあった。ということは、今は漁民というより中小企業の製造業を営んでいるのかと思った。

ここの風景をみると、私が30年ほど前に業務出張していた、タイの運河沿いに住む人々を思い出した。そこは、子安運河のようであるが、住民が活き活きと生活をしていた。子安のように漁船を係留しているだけのところではなかった。

スケッチは、絵画のページをご覧ください。

17世紀前後の絵画技法の分類

今、上野の西洋美術館でカラバッジョ展が開催されている。日本には2001年に都立庭園美術館でも開催された。この頃、私は、絵画教室に通いだした頃でありカラバッジョに興味を持った。その後、図書館で色々カラバッジョに関する本を読んだ。今回、石鍋真澄編訳になる「カラバッジョ伝記集」を読んだ。この中に当時の美術評論家のカラバッジョに関する評伝があり勉強になった。特に、当時の絵画技法の分類が書かれているのが目に留まり、今日でも十分参考になる技法なので、記録として簡略てきに抜粋した。

美術研究家ジュスティアーニー(1564-1647)によって分類された絵画技法

①    木炭転写、これに彩色することも可能です。

②    他の画家の模写、少しの間見ただけでもできる。より長い間観察しても、方眼をかけたり、なぞったりして制作することもできる。オリジナル作品をよく模倣するために巧みに色彩を使う必要があり勤勉さと経験が要求されます。

③    鉛筆や水彩、アンバー、そしてペンによる素描によって、目に見えるものを模写できることです。この方法は、絵画に精進している者の訓練として有効です。古代彫刻や著名な作家の絵画の模写している場合です。

④    特に頭部を似せて、また肖像の他の要素、全身を描く時には、衣服や手や足、そして釣り合いのとれたポーズを巧みに描いて、特定の人物をうまく表現できることです。

⑤    花やその他の細かい事物を描写できることですが、これには特に二つのことが要求されます。まず、画家はずっと以前から色彩の使い方が巧みでなければなりません。また、いろいろな位置の小さな事物を描き、光の変化を表現することができるように、色彩が生み出す効果を会得しなければなりません。

⑥    遠近法と建築を巧みに描くことです。

⑦    古代遺跡、近くの風景や遠くの風景など、大きな事物を再現できることです。一つは小さな事物を丹念に描くことなく、殴り描きや斑点のような、混乱しているが、しかし正統的な絵画の優れた技巧や闊達さをもって、あらゆる事物を表現するのです。もう一つはどんなものでもあらゆる細部を観察して、最高の丹念さをもって風景を描くことです。ラファエロ、ティツィアーノ等です。

⑧    画家は多くの事物、つまりこうした絵画が由来する、地上や地下で発見された古代絵画を観察することです。物語や寓話に関わりがあることです。巧みに素描し創意が求めるように、大小の人物像を描かなければならないので、色彩の使い方や塗り方が巧みでなければなりません。

⑨    劇場的な素描によって、自然から与えられた物語を描く方法です。戦争や狩猟、その他の動きをもった人間と動物の物語において評価されています。

⑩    素描と彩色の長い経験によって、いかなる手本もなしに自分の想像力、頭部や全身像、完全な物語画や何であれ他の美しく素描され彩色された事物など、想像の中で得たものを絵画に描き出すのです。

⑪    自然の事物を目の前に置いて描く方法です。けれども、単に正確に描いただけでは不十分なことが自覚されています。作品は優れた素描と、巧みな均整の取れた輪郭をもって制作しなければなりません。また、美しく適切な彩色で描かねばなりません。とりわけ、それぞれの部分の色彩に適切な光を与えねばならず、それはくすんだ色彩が粗野でないように心地よさと調和をもって描かねばなりません。さらに、影の部分と光の部分は明瞭にあって、なお、物の色彩を変えることなしに、また絵画のもつ精神を傷つけることなく、眼が明暗の結合に満足するものでなければなりません。ルーベンス等のフランドル人のように巧みに彩色することです。

⑫     全てのなかで最も完璧なものです。上記➉と⑪を結合する、つまり自然の手本を前にして、手本通りに描く方法で、世に知られた第一級の卓越した画家たちがこのように描きます。17世紀前後のカラバッジョ、カラッチ一族、グイド・レーニ等です。

« 前のページ次のページ »